サラダ油の裏の顔とは?

サラダ油といえば薄白いプラスチックの入れ物に入った油をイメージされる方が多いのではないでしょうか?

炒め物に使ったり揚げ物につかったりしますよね。

でも最近サラダ油が身体によくないって耳にするけど、何がどう悪いのかイマイチわからずにサラダ油を使っている。

そんなあなたになぜサラダ油が身体に良くないかを説明します。

そしてサラダ油とどう付き合っていくべきなのかをお伝えします。

サラダ油の原料とは?

サラダ油は主に菜種・とうもろこし・大豆・米・落花生などが原料となっています。

これらの原材料農産物に含まれる油分を圧搾・抽出して得られた油、これが最終製品の原材料となります。菜種サラダ油のように単体の油もありますが、なかには何種類かの油を調合した「調合サラダ油」が存在します。

混合サラダ油の危険性

調合サラダ油とは大豆系サラダ油と菜種系サラダ油を混合させたサラダ油を指します。ここで問題なのは、調合サラダ油は「どこの国で作られたか」がわからなくなってしまうことです。

輸入した原材料を日本で加工したなら「原産地=日本」になるのです。

基本的には日本産の原材料は「非遺伝子組み換え」です。

しかし外国の原材料は「遺伝子組み換え」である可能性が否定できません。

調合サラダ油では遺伝子組み換えか非遺伝子組み換えなのかは謎に包まれてしまう危険があるのです。

油の抽出方法で良くも悪くも

日本で加工しているのだから大丈夫だろう。

そう思っている人は少なくないはずです。

油の抽出方法には、良い抽出方法と悪い抽出方法があります。

良い抽出方法とは「低温圧搾法」や「玉締め圧搾法」などの時間をかけて熱を最小限に抑えて油を抽出する方法です。

ここで大切なのは「熱を加えないこと」です。

悪い抽出方法は「高温圧搾法」などの高温に加熱してから、機械の力で圧搾する方法です。

短時間で効率良く採油することが可能になりますが、サラダ油の栄養素・不飽和脂肪酸は熱によりトランス脂肪酸に変化することを知っておかなければいけません。

怖いトランス脂肪酸とは?

サラダ油で揚げ物をした後にまた再利用したりしていませんか?サラダ油を加熱したり、光や空気により油が酸化することで不飽和脂肪酸はトランス脂肪酸に変化するのです。

トランス脂肪酸はマーガリンやショートニング、クッキーなどの焼き菓子、揚げ物に多く含まれています。

過剰に摂取した場合、LDL(悪玉)コレステロールを上昇させ、HDL(善玉)コレステロールを低下させることが分かっています。

動脈硬化を促進させ、心筋梗塞や狭心症といった心臓疾患のリスクを高めてしまいます。

アトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患もトランス脂肪酸が原因の一つです。

海外では使用禁止のトランス脂肪酸

果たして日本は規制が進んでいるのか…心配になりますよね。

日本人のトランス脂肪酸の摂取量はWHO(世界保健機構)の基準を下回っているので規制をしなくても大丈夫だ。

というのが現状です。規制がないので食品表示されることはなく、トランス脂肪酸の多い食品が今も多く存在しています。

私たちは知ることができればあとは選ぶだけです。

値段や口コミに振り回されず、一度、サラダ油を買う前に立ち止まって考えてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
西成区の整体 ひろ鍼灸整骨院 岸里東院
住所
〒557-0042
大阪府大阪市西成区岸里東1-4-8 ウェルアップハイツ1F
アクセス
岸里駅から徒歩7分、天下茶屋駅から徒歩7分、聖天坂駅から徒歩3分
TEL/FAX
06-6651-3788

休業日:日曜、祝日。△=土曜日は18:00までの営業です。

受付時間 日・祝
9:00〜13:00
16:00〜20:00
  • 毎月、最初の来院日には必ず保険証をご持参ください。