病気になりやすい身体とは?

人の身体には約60兆個の細胞が存在します。

この細胞が開く時に栄養を補給し閉じる時に老廃物を排出します。

 

細胞の働きが鈍くなると毒素も排出出来ず栄養の補給出来ません。

この様な状態がいわゆる「病気」の状態です。

細胞に活力を与えるのは食べ物です。

細胞に栄養を運ぶのは血液ですが、血液を汚すような食べものを食べていると血液は汚れ細胞に栄養を送れなくなります。

 

また、血液の中には酸素を運ぶ赤血球や免疫抗体を運ぶ白血球などがあります。

人の身体の60〜70%は水分で構成されています。

 

食べ物の質が悪いと血球の形が崩れます、特に身体に負担をかけるのが「砂糖」です。

 

砂糖過多になると血球の形は崩れてしまいます、病人の多くは血液が酸性で酸素や栄養の運搬が出来ない状態になります。

 

癌になるとさらに血液がドロドロになり、ドロドロのよどみがひどいほど悪性で治りづらいと言う事になります。

 

しかし血液は約3ヶ月で新しくなります、汚れた血液でも食を正しくすれば正常な血液に変化し全身の細胞も活発になりやすくなります。

 

 

その他にも心を閉ざす事があっても細胞は活発に働けなくなります、イライラや心の暗さが神経を硬直させます。

 

神経が硬直すると幸せが来なくなる?

神経はカルシウムやミネラルが不足すると神経はもろくなり様々な刺激が神経に負担をかけます。

そうなると怒りっぽくなったり、突然涙があふれたり、ヒステリックになったりなど心のゆとりを失います。

 

そうなると表情も暗くなり笑顔が少なくなると舞い込んでくる幸せも遠のいてしまいます。

 

細胞を活性化させて神経の負担を整える方法とは?

梅干し黒焼

梅干し黒焼きは細胞が活気ずつので、疲労回復・風邪・下痢・冷え症に大変効果があります。

また、脳の老化を防ぐため、認知症予防などにも効果的です。

 

1、梅干しを土鍋に隙間なく並べる。

2、練った小麦粉を土鍋の穴と隙間なく詰め密封してとろ火で4〜5時間火にかける

3、墨のようになった梅干しの種をとりすり鉢で粉になる

4、完成

5、陶器や容器に入れて保存して下さい。

 

※梅は金気を嫌うので、アルミなどで保存はNGです。

 

初めは、耳かき1〜2杯から初めて下さい、保存をしっかりすると、約10年は保存が出来ます。

 

是非一度お試しください、試したけど不調が続く、作るのがめんどくさい時は私達と一緒に身体のバランスを整えて行きましょう。

ご相談・ご連絡はいつでも

06−6651−3788

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
西成区の整体 ひろ鍼灸整骨院 岸里東院
住所
〒557-0042
大阪府大阪市西成区岸里東1-4-8 ウェルアップハイツ1F
アクセス
岸里駅から徒歩7分、天下茶屋駅から徒歩7分、聖天坂駅から徒歩3分
TEL/FAX
06-6651-3788

休業日:日曜、祝日。△=土曜日は18:00までの営業です。

受付時間 日・祝
9:00〜13:00
16:00〜20:00
  • 毎月、最初の来院日には必ず保険証をご持参ください。