妊娠前にしておきたい3つの事とは?

結婚してそろそろ赤ちゃんが欲しいけど最近その前にしておく事ってあるのかな

そう思われる方はこの後も読んでくださいね。

今日は妊娠前にしておきたいを3つの生活改善方法をお伝えします。

妊娠は奇跡の確率!?

まず、妊娠は避妊をしないで行うと100%妊娠すると思われがちですが実は妊娠の確率はとても低いことはご存じですか?

●25歳〜30歳前半:約20〜25%

●30歳後半:18%

●40歳:5%

●40歳後半:1%

 

 

比較的若い状態の20代でもわずかに20~25%で40代ではわずか1%にまで下がってしまいます。

実際統計的な数字ですがこの数字を見ても妊娠確率が低い事が分かります。

それだけ妊娠は奇跡なのです。

 

しかし、不妊症の方なども増えてきているのも現状です。

妊娠する為には自己の身体のバランスと生活習慣を見直す事がとても大切になってきます。

今日はそんな奇跡の妊娠の為に必要な生活改善のお話です。

妊娠率をあげる為には?

 

1、身体を温める

2、運動を行う

3、睡眠の質を上げる

身体を温める

基礎体温とは朝目覚めた後、身体を動かす前の最も安静時の体温の事です。

女性の体温は、病気や重いストレスを除けばほぼ0・3〜0・5度の間で変化します。

この基礎体温を毎日測定する事で女性の身体のリズムが分かります。

そのリズムを知る事で排卵の有無や月経の時期、妊娠の時期などの身体の状態が分かります。

 

また、体温が一度下がると免疫力などが低下しやすくママの身体にも悪影響です。

一番の理由とすれば子宮は冷えに弱い事です。

最近では閉経が早い女性や不妊症の女性が増えて来ています。

 

その原因の一つが冷えです。

まずは身体をしっかり温めるそれが大切です。

理想は毎日しっかりお風呂に(ぬるま湯)そして砂糖を減らしましょう。

その他にも冷たい物やファーストフード・添加物にも気をつけましょう。

運動を行う

身体の体温を向上させる為にも筋肉が必要です。

適度な運動はストレスを除去したり美容の為にもとても大切です。しかし本来、本来筋肉を作る為には男性ホルモンが必要です、しかし男性ホルモンは精巣で作られます。

 

 

女性は精巣がないので男性ホルモンの代わりにDHEA(デヒドロエピアンドロステロン

)と呼ばれるものが働きます。

このDHEAの低下が老化につながります。

女性にとってDHEAを効率良く出すのが必要な事です。(例) 瞑想・運動適度・恋をするなどなど。

DHEAを出す為の3つのポイント

 

ホルモンの周期を意識する

適度な運動(激しい運動は逆効果)

有酸素運動は110~130泊30分程度で十分です。

 

 

睡眠の質を上げる

寝不足が続くとお肌の調子が悪かったり化粧のりが悪かったり見た目に現れる事や身体の中の内臓にも負担がかかります。

毎日しっかり温めたり、就寝前に生姜湯を飲んで身体の内側からしっかり温め睡眠の質をあげましょう。

 

身体の体質とはすぐに変化が出るものばかりではありません、しかし半年、一年後に子どもを妊娠したいと思われている方は是非逆算して今から生活を見直してみてはいかがですか?

最後に・・・

妊娠は奇跡の確率で身体に新たな命が宿る事です。

最近不妊などの方も多くなって来ている背景には食の乱れ・パートナーとの心のすれ違い・目に見えない影響なども多くあります。

 

 

その中で妊娠し家族が増える事はとても喜ばしい事です。

当院でも妊娠前・妊娠中・妊娠後のママさんも多く来院されます。妊娠・出産・育児はけして一人で行うものでなくしっかりパートナーと話をする事が重要です。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
西成区の整体 ひろ鍼灸整骨院 岸里東院
住所
〒557-0042
大阪府大阪市西成区岸里東1-4-8 ウェルアップハイツ1F
アクセス
岸里駅から徒歩7分、天下茶屋駅から徒歩7分、聖天坂駅から徒歩3分
TEL/FAX
06-6651-3788

休業日:日曜、祝日。△=土曜日は18:00までの営業です。

受付時間 日・祝
9:00〜13:00
16:00〜20:00
  • 毎月、最初の来院日には必ず保険証をご持参ください。