子供の喘息

引っ越してからこどもが咳をするようになった。

こどもが咳をしていて苦しそう。

いわゆる小児喘息といわれるこどもの症状でお困りのお母さんお父さんは、このまま肺炎も引き起こしてしまうのではないだろうかと心配される方がおられます。

そんなお父さんお母さんのお役に立てる情報になればと思います。

 

小児喘息はアレルギー症状をもった子どもに発症しやすく、環境の影響を大きく受けます。

遺伝的要因も大きく、アレルギーにもよるが季節の変わり目に発作をおこしやすい症状です。

夜間・未明に発作する呼吸困難を伴い大発作になると寝ていられないつらい症状です。

こどもがそんな状態になっているなんて考えるだけで胸が苦しくなります。

治療の期間

治療は基本的にまず1週間継続して行います。

これを毎月繰り返し治療をしていきます発作を起こした場合はその都度治療をした方が良いでしょう。

 

治療を半年行うと完治に向かいます。治療をすると大抵の子は完治します。

ただ風邪をひきやすいとか扁桃が張りやすいなどの症状は残るのでこれらが完成まで治療を継続させるのが良いでしょう。

 

体力の乏しい子の場合は、 1年以上かかる場合もあります。

まずはこどもの体力がつくように治療や生活を送らせてあげることが大切になります。

喘息を起こしやすい環境

食べ過ぎると胃が膨満して発作を誘発することがあります。

過保護になっても発作が起きやすいって知っていましたか?

 

 

子どもも自由がほしく自分を主張したくなる時期があります。

イヤイヤ期などもそうですよね。自然の中でのびのびと遊ばせるのが良いでしょう。

厚着は帰って症状を悪化させるのでこどもの反応や声を聞きながら衣服を選んであげましょう。

悪循環から抜け出す為に

発作が起きると眠れない

眠れないから体が低下する

体力が低下すると発作が起きやすいと言う循環に陥っているケースが多いようです。

施術をすることでぐっすり睡眠がとれるようになると体力がつき発作が起きにくくなります。

こどもの小児喘息でお困り方は当院で改善を試みましょう。

こどもの症状を悪化させない、悪循環から解放させてあげることは可能です。

親と子どものハッピーライフのために治療をするきっかけになれれば幸いです。

 

お子様のご相談はいつでも 06−6651−3788

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
西成区の整体 ひろ鍼灸整骨院 岸里東院
住所
〒557-0042
大阪府大阪市西成区岸里東1-4-8 ウェルアップハイツ1F
アクセス
岸里駅から徒歩7分、天下茶屋駅から徒歩7分、聖天坂駅から徒歩3分
TEL/FAX
06-6651-3788

休業日:日曜、祝日。△=土曜日は18:00までの営業です。

受付時間 日・祝
9:00〜13:00
16:00〜20:00
  • 毎月、最初の来院日には必ず保険証をご持参ください。