生理痛になりやすい3つの体質とは?

月に1回は起こるとされる生理痛。

生理痛で休みたくない仕事も休まなきゃいけなくなったり、 ここぞという日に限って痛みが強かったり、お薬を飲まなければならなかったり、「これが普通」だと諦めている女性が多いのが現状です。

そんな人はもともと生理痛をひき起こしやすい体質なのかもしれません。

今回は東洋医学的な3つの体質にあった対処方法をご紹介します。

肝気鬱血

肝臓の疲労により血液の流れが悪くなっている状態を指します。

人体が健康状態であれば肝臓の機能(疏泄機能)は正常に働きます。

もし何らかの原因でこの機能が働かなくなると肝気鬱血が現れます。

 

「症状」

・感情が乱れる

・怒りやすい

・胸がモヤモヤとする

・ため息をつく

・胸が張るように痛い…などの症状が見られます。

 

この場合の対処方法は・・・

・リラックスできる時間を作る

・運動を取り入れてストレス発散をする

・深呼吸をして体全体にエネルギーを巡らす

気血両虚

体力不足と血液の量が足りていない状態を指します。

もともと持っている症状(腰痛・肩こりや持病)がなかなか治らないことで体力や血液が消耗されることによって起こります。

 

「症状」

  1. ・最近息切れをする
  2. ・よく汗をかく
  3. ・倦怠感
  4. ・動悸がする、、、などの症状が見られます。

 

この場合の対処方法は

・すこしきつめの運動をする

・食事は消化の良いものに変える

・夜のゴールデンタイム(10〜2時)の睡眠を心がける

気滞血瘀

身体の中を巡るエネルギーが滞り、血液の流れが悪くなった状態を指します。

人体が健康な状態であれば、エネルギーは常に体をめぐり血液を全身に運ぶことができます。

もしも何かの原因によってエネルギーの流れが悪くなると気が滞ります。

これを気滞といいます。気滞が起こると正常に血液の運行することができなくなるので瘀血が生じます。

この状態が続くと気滞血瘀という状態になります。

多くは感情の抑圧、またが怪我や捻挫などによってエネルギーの流れがが悪くなり血行が悪くなり生じる場合が多いようです。

 

「症状」

・怒りっぽくなった

・身体に刺すような痛みがある

・胸や脇の張り感が強い

・生理の血の色が悪くなる

 

この場合の対処方法は

・イライラを意識的にコントロールできるようにする

・よく笑うようにする

・リラックスできることを探してみる

これらの原因が生理痛の大きな原因となります。

まとめ

これらの症状を伴った生理痛の症状を根本から治療するには鍼灸治療をおすすめします。

現代の鍼灸治療は痛みを伴うことは少なく、安心安全に治療を受けることが出来ます。

もしも長年お薬で生理痛の症状をやり過ごしているのであれば、一度、鍼灸治療を試してみることをお勧めします。

 

生理痛のご相談・ご予約は 06−6651−3788

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
西成区の整体 ひろ鍼灸整骨院 岸里東院
住所
〒557-0042
大阪府大阪市西成区岸里東1-4-8 ウェルアップハイツ1F
アクセス
岸里駅から徒歩7分、天下茶屋駅から徒歩7分、聖天坂駅から徒歩3分
TEL/FAX
06-6651-3788

休業日:日曜、祝日。△=土曜日は18:00までの営業です。

受付時間 日・祝
9:00〜13:00
16:00〜20:00
  • 毎月、最初の来院日には必ず保険証をご持参ください。