小児のアトピー

私達は日常生活の中で、気づかない間に身体に疲労が蓄積します。
それにより、身体のバランスが崩れ、時として腰痛となり表面に現れます。
そのような場合、マッサージなどで、腰痛は一時的に改善されますが、すぐに再発します。
それは、根本から原因を改善させていないからです。

ひろ鍼灸整骨院では、骨盤を整える事により、腰痛を改善させるだけでなく、全身のバランスを整え、根本から身体を元気な状態にする治療法です。施術は女性にも安心のソフト整体で、整形外科と連携する事により、病状に応じた適切な施術が可能となっています。長年腰痛で悩まれている方は、一度、ひろ鍼灸整骨院岸里東院に御相談下さい。

きっと良い結果が出るはずです。

こんな御悩みないですか?

病院や皮膚科に行っても一向に治らない皮膚のかゆみ、赤くただれた肌、薬を塗る日々、ボロボロになった皮膚、このような症状を抱えたまま生活を送らせたくないと解決策を模索している日々を送っていませんか?

 

もしお子様が…

 

  • 病院に行ったがひどくなったらと塗り薬を勧められた。
  • かゆみに伴い夜泣きまでひどくなっている
  • 見ていて可哀想なほど肌が荒れている
  • 自分にも子供のために出来ることを教えてほしい

 

このようなことで悩んでいるのであればぜひこのまま読み進めて下さい。あなたのお子様にとって、当院にお手伝いできることがあることがわかるでしょう。

もし悩みがないのであればすぐにこのページを閉じてください。

アトピー性皮膚炎とは?

アレルギー反応と関連があるもののうち皮膚の炎症を伴うもので過敏症の一種とされています。今や国民の3割はアレルギー性疾患をもっているといわれています。

 

アトピー性皮膚炎は乳児から発症し、加齢に伴い少しずつ症状も重くなるケースが見られ、患者総数は年々増加傾向にあり、2011年から2014年の間には87000人も増えているのです。

家族性とは?

親がアトピー性皮膚炎だと子どももアトピー性皮膚炎になりやすい。なんてことが多々有ります。ただ単に、遺伝だからなのか。

そうではないと考えます。お子さまが健康な肌の状態で生まれるかどうかエコーではわかりません。実際に見てみないとわかりません。

しかし、肌の状態を悪くなってしまうリスクがある行動はいろいろあります。そのなか問題なのは栄養の偏りです。なぜ人は食べるのか。生きるため、再生するため、季節を乗り越えるため、常に新しい細胞を作り出しています。

 

しかし、栄養に偏りがあったり、何かが足りないなんてことがあると弱い細胞で身体が作られてしまいます。当然、末端である皮膚は弱く脆い状態になるでしょう。今では妊活で葉酸をしっかり摂取する。なんてこともされていますよね。

 

正しい栄養をとれば元気な状態で生まれてくることが可能なのです。赤ちゃんに飲ませる母乳の栄養状態はどうでしょう?とても栄養が大切なことがわかりますよね。

一般的にアトピーの治療とは?

アトピー性皮膚炎の基本的な治療は①原因・増加因子の検索と対策、②スキンケア、③薬物療法を行います。病院を受診すると「ひどくならないようにお薬で加減していきましょう」お薬を出すだけのところもあるそうです。

アトピーになる理由とは?

アトピー性皮膚炎は個人的な素因にいろいろな環境因子が合わさって発症すると考えられており、現在も十分に解明されているとはいえません。

環境因子の他に食物・発汗・物理刺激(掻くなど)・細菌などが挙げられますが、多くの保護者が気にされるのは掻く行為です。

 

そもそも皮膚を掻く理由とは?

さまざまな環境因子により皮膚環境が悪くなると、皮膚は炎症を起こし、乾燥します。皮膚に水分が足りなくなるのでカサカサになり肌のバリア機能が低下します。健康な皮膚に比べて刺激に敏感になるので、少しのことでも痒みを感じてしまうのです。乾燥している皮膚を潤すためには皮膚の再生が必要になります。ここで人間の「掻く」という本能が働き、掻くことにより深部の毛細血管の血行を良くし、皮膚の再生に働きかけるのです。

 

  • 乾燥しているので外部刺激により痒くなりやすい。
  • 乾燥しているので本能的に掻くことで血行促進している。

 

掻く事は悪くはない

冬場の身体を想像してみてください。肌はカサカサになり、皹(あかぎれ)ができたことはありませんか?生きるために身体の中心に血液を集め、生命活動を維持しようとしているのです。だからいっぱい掻きましょう!と言っているわけではないのです。

 

掻くということは皮膚細胞を破壊するので、実際問題良いことではありません。手のひらで擦ることが皮膚を傷つけない方法です。アレルゲンが悪ではありません。環境因子を避けることも必要ですが、自己免疫力が低下している現状を打開することに意味があります。

掻く以外で悪い事とは?

アトピー性皮膚炎の増悪因子として、食べ物・ダニ・汗・動物の毛・ホコリ・シャンプー・洗剤・プールの塩素などが挙げられます。確かに我が子にホコリに触れさせたくありません。身体に害のないものを使ってシャンプーさせたい。プールは塩素が入ってるから泳いじゃダメ。なんて言いたくありません。

なんのアレルギーであれ、悪いのは自身の免疫の機能低下です。

 

しっかり免疫の機能が働いていれば症状が出ることはないと考えます。小児はりで免疫が正常に働く状態を作るかが大切だと考えています。

 

人の皮膚はとても頑張り屋さん

皮膚は人体の一番外側にあり、決められた役割があります。

  • 微生物や物理化学的な刺激から生体を守る,
  • 水分の喪失や透過を防ぐ
  • 体温を調節する
  • 感覚器としての役割を果たす

 

などの生命を維持するための必要不可欠な機能をもっています。

当然、掻きむしってしまうと肌のバリア機能が低下してしまいます。

 

6.なぜ小児はりでアトピー性皮膚炎が改善するのか?

ある小児科の先生は、できるだけ免疫抑制剤を使う機会を減らすため、「保湿剤でだめだったらこれを塗ってあげてね」と予備で免疫抑制剤を処方するようにしているそうです。できる限り使わないようにケアされているように思われます。お薬は時と場合により必要な時があります。必ず悪だとは思いません。

 

免疫抑制剤にも強さの分類があり、弱いお薬もあれば、強力なお薬まであります。しかしどれもが「痒い」という生体反応を抑制するだけで押さえ込んでいるだけなのが現状です。抑え込むと皮膚はどうなるのか。本当は剥がれ落ちるはずの皮膚が残り続けます。そうなると当然、お薬の効果が切れると少しの刺激で皮膚は破壊されやすく余計に悪化することでしょう。

 

それに比べて小児はりは身体の本来持っている自然治癒力を引き出します。

皮膚の角質層にあるケラチノサイト細胞に小児が気持ちよいと感じる軽微な刺激を与えることにより、脳に様々な信号が伝達されます。その伝達信号により、角質層でのオキシトシンいわゆる愛情ホルモンが作られ、自律神経のアンバランスを調整し身体を健康状態に保つことが可能になるのです。

 

小児はりをすることにより体はこのような反応が現れます。

 

・皮膚のバリア機能が高まる

・免疫力が上がる

・身体の治癒力が上がる

 

結果、身体は本来の肌を取り戻し、制限のない生活をお子さまは送ることができます。

 

アトピーに対して当院では

当院で行っているアトピー性皮膚炎の施術は、小児はりを使い、皮膚の角質層にあるケラチノサイト細胞に小児が気持ちよいと感じる軽微な擦過刺激を与えることにより、脳に様々な信号が伝達されます。その伝達信号により、角質層でのオキシトシンいわゆる愛情ホルモンが作られ、自律神経のアンバランスを調整し身体を健康状態に保つことを目的としています。

 

当院では単に皮膚をさすりミミズ腫れのように赤みがでるような施術はいたしません。炎症が起きている皮膚には刺激は与えず健康な皮膚を刺激することで子どもの生まれ持った自然治癒力を引き出し、今までよりも丈夫な皮膚のバリア機能と免疫機能を高めます。そうすることでアトピー性皮膚炎の改善に働きかけます。

 

お子さまの症状を改善させ、丈夫な肌で健康に育つお子さまの未来を、一緒に応援しませんか?当院の施術によって、アトピー性皮膚炎を改善し、どこに行ってもお肌のことを気にすることなく生活が出来ます。当院の施術でお子さまの健康な肌を取り戻してください。

まずは痛みや不調の原因を知る事。これは施術する側もお客様に とっても、大事なことだと考えています。 なるべく早く痛みから解放され、本来のカラダと笑顔を取り戻す ために、施術後の流れや何回来ればいいのかなど、わかりやすく ご説明します。疑問があれば何でも聞いてくださいね!

鍼灸や骨盤矯正・整体ってなんだか痛そう…
そんなイメージを持っている方も少なくありません。でも安心してください!当院では痛い施術は行いません。やさしい刺激で効果を出し、心もカラダも癒されるような施術を心がけています。

子供の頃の栄養はとても必要な物です、何を食べさすかも大切です、また、何を食べないかも重要になります。

 

また、「食べ過ぎ・飲み過ぎで、骨盤が歪む」って知っていましたか?実はカラダの内側からも、骨盤は歪んでしまうのです!健康なカラダにとって食事は大切な要素。特に当院は栄養学にも力を入れて学んでいるため、食事についてのアドバイスができます。

産後のママやダイエット中の女性などへ、”制限する”のではなく、”がんばり過ぎない正しい食事”をご提案します。

当院ではお客様のほとんどが女性です。安心して施術を受けていただけるように、女性の意見を取り入れながら、ちょっとした気配りもできるアットホームな整骨院を目指しています。
キッズスペースやベビー用のバウンサーもご用意していますので、産後のママも退院後すぐに通っていただけますよ!

はじめまして。ひろ鍼灸整骨院 鍼灸師の芳賀大晃と申します。

私が鍼灸師を志した理由は、学生時代に真剣に取り組んでいたテニスがきっかけでした。 高校生のころから大阪にテニス留学をし 3年間テニス活動に励みました。

この3年間思うような結果が出なければテニス選手として活動するのは 諦めようと考えていました。 思うような結果は出ませんでしたが高校3年生の頃に鍼灸トレーナーさんと出会い いろいろな形でスポーツをサポートできることを知りました。

 

その姿にとても感銘を受け、まずは鍼灸師としていろいろな人をサポートできるようになりたいと思いました。 そして鍼灸整骨院でいろいろな症状の患者さんを治療する中でもっと幅を広げたいと思い、小児鍼を学びました。

 

子供に小児鍼をすると気持ちよさそうな顔が見れて「また針をして欲しいな」と 言葉にしてくれて、 症状が良くなり親の負担も軽くなりましたと聞けたときにはとてもやりがいのある治療だなと思いました。

 

今もしあなたが、身体の悩みでやりたいことができずに、日常が楽しめないのであれば、ぜひ僕たちにその悩みを教えてください。一緒により楽しくなるための方法を考えましょう!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
西成区の整体 ひろ鍼灸整骨院 岸里東院
住所
〒557-0042
大阪府大阪市西成区岸里東1-4-8 ウェルアップハイツ1F
アクセス
岸里駅から徒歩7分、天下茶屋駅から徒歩7分、聖天坂駅から徒歩3分
TEL/FAX
06-6651-3788

休業日:日曜、祝日。△=土曜日は18:00までの営業です。

受付時間 日・祝
9:00〜13:00
16:00〜20:00
  • 毎月、最初の来院日には必ず保険証をご持参ください。