肋間神経痛

アナタはこんな御悩みありませんか?

  1. 胸の部分や肋骨の部分が痛む
  2. 呼吸をする度に痛みが増してくる
  3. 胸全体が息苦しい感じになる

こんな症状でお困り・御悩みの方は是非このまま読んで下さいね。

きっとアナタのお力になれます。

肋間神経痛の原因とは?

肋間神経痛とは、あばら骨である肋骨と肋骨の間に通っている肋間神経が何らかの原因で圧迫されて痛む症状の事を指します。

 

肋間神経痛を改善させる為には?

肋間神経痛は人間の身体に起こる症状であり、病気ではありません。

肋間神経痛の中で最も一般的な原因として考えられているのが、日常生活の中で身体の歪みや不自然な姿勢をとった時や、座りっぱなしや立ちっぱなしの仕事をしている

 

もしくは運動不足によって肋骨と肋骨の間の肋間神経が骨や筋肉に挟まれた状態となって締めつけられ、突然痛みが走る原発性の原因です。

 

呼吸をしたり、あくびやくしゃみをした時にも痛みが出るのが 肋間神経痛の症状の特徴でもあります。

これらは一過性の痛みで慢性的に続く事はまれで、しかし、肋間神経痛には慢性的にずっと痛みが毎日、または定期的に襲ってくる肋間神経痛の症状もあります。

また、肋間神経痛には肋骨のひびや骨折などの外傷が原因となって引き起こされる肋間神経痛もあり、内科的疾患との鑑別も必要になります。

肋間神経に対して岸里東院では?

当院では疲労が蓄積される事で骨格の土台である骨盤が歪み、身体が歪んだ状態で生活する事で身体の中の体液循環(血液・リンパ・脳脊髄液)が悪くなり、人が本来もつ自然治癒力の低下により身体に歪みが起こり結果、症状が出ると考えます。

まず、検査しアナタの原因をみつけます。

 

精神疲労型

精神疲労?

なかなか聞かないかもしれませんが、たとえば、気分が落ち込んだ時や鬱状態の人で背筋がピンっとしている方を見られた事がありますか?

精神疲労が蓄積すると自然と身体は丸くなります、その結果骨盤が歪み肋間神経に負担をかける姿勢に繋がって行きます。

そこで身体のエネルギーを調整する鍼灸治療・骨格の土台である骨盤を整える骨盤調整が効果的です。

内臓疲労

内臓疲労とは?

内臓も筋肉で出来ています、つまり酷使すると筋肉痛みたいに内臓にも負担がかかってしまうのです。

内臓が酷使され固くなると本来の位置から下垂して行きます。

その結果内臓の機能低下や下垂する事で受け皿の骨盤が歪んでいってしまいます。

なので当院では、内蔵調整で直接内蔵の歪みを整え内蔵が動きやすい環境を作ります。

そして身体の土台となる骨盤を整える事で内外の環境を整います。

まとめ

肋間神経痛は病気ではなく、肋間の神経が何らかの問題で圧迫され痛みが走っている。

一過性の物が多く、長期間続く物は内科的疾患も視野に入れる必要がある。

岸里東院では肋間神経痛の原因を疲労と考えそこからアプローチします。

疲労が蓄積される事で骨盤が歪んでしまい、姿勢全体に悪影響を及ぼし結果的に肋間神経痛などの症状が起こります。

 

神経症状は見た目には分かりづらいですが、とても辛い症状の1つです。

痛みを誤魔化す為に痛み止めを飲んだり、自然に治るのをただ待つばっかり、痛みのせいで毎日が楽しくないなどの御悩みがあれば今すぐ06−6651−3788までご連絡下さいね。

きっとアナタの御悩み解決のお手伝いが出来ます。

http://superhirogon.com/contact/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加