眼精疲労

こんな症状ありませんか?

  1. 目の奥から後頭部までつらい
  2. 目が痛くてどうにかしたい
  3. 最近視力が落ちた気がする
  4. 眼精疲労に伴う頭痛がする
  5. よく眼が疲れる

 

こんな症状の方は是非このまま読んで下さい。

きっとアナタの御悩み解決に繋がります。

眼精疲労の原因とは?

眼精疲労とは「目を使う作業を続けることにより容易に眼が疲れ、視力減退・複視・眼痛・頭痛などを訴え、時には悪心・嘔吐をも起こすような状態」をいいます。

 

健常者でも近視作業の程度、持続時間、環境により目の疲れを起こす可能性があるが、健常者では疲労しない程度の

眼の使用でも眼が疲れるものを病的といわれます。

しかし、最近では過度の眼作業による眼精疲労を訴える患者さんが増えてきています。

 

 

 

眼精疲労を改善させる為には内臓を整えないといけない

原因を改善するためには内臓疲労を取り除くことが必要になります。

目を酷使するような作業は目で血液を多く消耗し、その結果身体の血液が不足し、内臓が過度に疲労します。

内臓が疲労することにより、内臓が通常の位置からズレて下垂します。

内臓が下垂する事により内臓の器である骨盤は歪み猫背姿勢になります。

 

 

猫背姿勢になる事により眼精疲労以外にも肩こり、腰痛などの症状が出てくる方も多いです。

なので内臓の疲労を取り除き、栄養することが症状改善に繋がります。

 

 

眼精疲労改善の為岸里東院では

鍼灸施術

眼精疲労には鍼灸治療がオススメです。

目の使い過ぎは眼の筋肉に負担をかけ、血液を消耗します。

疲労した筋肉はもとの状態に戻るのに時間がかかり疲労した筋肉を補うため鍼灸治療で内臓疲労や血液循環を整えます。

その結果、目の血液の流れが良くなり眼精疲労の症状が改善されます。

これから眼精疲労が起こらないように鍼灸治療で見つかった体質にあったアドバイスをご提案させていただきます。

 

鍼灸施術な苦手な方には・・?

疲労回復整体

手技で直接内蔵の歪みを整え内蔵が動きやすい環境を作ります。

そして身体の土台となる骨盤を整える事で

身体の内外の環境を整います。

 

 

眼の疲れが出ると運転や歩行の際に危険な事も多くなります、その他にも頭痛や肩こりなどの症状にも繋がります。

 

今目が疲れていてもしっかり文章を読んで頂きありがとうございます。

眼精疲労を改善させる為にしっかり御身体を整えましょう。

眼の疲れ以外でも御悩みのある方は今すぐ06−6651−3788

までご連絡下さいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
西成区の整体 ひろ鍼灸整骨院 岸里東院
住所
〒557-0042
大阪府大阪市西成区岸里東1-4-8 ウェルアップハイツ1F
アクセス
岸里駅から徒歩7分、天下茶屋駅から徒歩7分、聖天坂駅から徒歩3分
TEL/FAX
06-6651-3788

休業日:日曜、祝日。△=土曜日は18:00までの営業です。

受付時間 日・祝
9:00〜13:00
16:00〜20:00
  • 毎月、最初の来院日には必ず保険証をご持参ください。